世界で最も高価な自動車のおもちゃとは?

希少な自動車が高価であることは誰もが知っていますが、希少なおもちゃの自動車もまた高価なものなのです。中にはフェラーリと同じ値段で売られているものもあり、世界には素晴らしい自動車のコレクションがいくつもあります。トイカーという高収益の産業が存在し、オークションでは、これらのミニチュアのレプリカが数万ドルの値をつけることもあります。その中には、希少価値のある古いおもちゃもあれば、コレクターを意識して高価な素材を使って作られた新しい「おもちゃ」もあります。おもちゃの車は、他の収集品と同様に、通常、無傷の状態で保管されていればより高価であり、もしオリジナルの箱が残っていれば、より価値が上がります。

  1. ホットウィール40周年記念車 – 140,000

14万ドルの特製40周年記念ホットウィール自動車は、スーパーカーのプラチナや金のスケールレプリカと同様に高価なコレクションです。

おもちゃは一生、展示ケースに入れられる運命にあるのだと思うと残念な気もしますが、このおもちゃは、2008年にホットウィール社の創立40周年を記念して、ホワイトゴールドに2,000石以上のダイヤモンドから成るコレクションです。現在、ホットウィール史上最も高価なおもちゃとなっています。

  1. WEボイス・ディンキー・デリバリー・バン – 25,450ドル

2008年のオークションで25,450ドルの値をつけたディンキーWEボイスの配達用トラックは、ディンキートイビジネスそのものと同じくらい古いものです。同社は1934年に設立され、このミニチュア複製トラックは、1930年にロンドンで有名な自転車店であったWEボイスの名前を残しています。1934年に創業し、1930年代にはロンドンの有名な自転車店であったが、1960年代に廃業したWEボイスの名前を残したトラックを再現したコレクションです。

ディンキーの専門家によれば、WEボイスのトラックをおもちゃにした現存する唯一のものであり、そのコレクター性はもちろんのこと、その価値も非常に高いです。

  1. トミカ日産フェアレディZ432 プラチナム 80,000

このリストの高価なおもちゃの車の大半は、その希少性や1950年代やそれ以前から無傷な状態で保たれているため価値があります。しかし、新しい世代のコレクターは、決して遊ぶためのものではない、高価な材料で作られたおもちゃの自動車を好んで購入する人もいます。

トミカはこのプラチナ製の日産フェアレディZ432を制作し、8万ドルで販売しましたが、金や宝石を使ったランボルギーニやブガッティの100万ドル仕様の自動車とは対照的なものでした。

  1. ホットウィール 1968 カマロ アンチフリーズ オーバー クローム – 25,000ドル

この光沢のあるグリーンのホットウィール1968年カマロのおもちゃは、他のホットウィールの車と同じように見えますが、このモデルは、クリスマスのテレビコマーシャルに使われました。テレビ画面で目立つように、目を引く塗装で装飾されていたため、現存するのは30台だけとなっています。

一般に販売されなかったもので、オークションでは25千ドルの価値で取引された経歴もあります。